読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イーブイズの小屋

カードで戦うイーブイズの日常

チャンピオンズリーグ2017 大阪大会

f:id:moco470:20170302141754p:plain

チャンピオンズリーグ2017の先駆けである大阪大会が2月18日〜19日の2日間にかけて開催されました。筆者も本戦に出場してきましたので、大会レポートを残しておきます。

 

デッキ選択について

f:id:moco470:20170301181401j:image

本戦のデッキはファイアローゲッコウガを使用しました。デッキを選択した理由は大きく分けて2つ。

1つ目は環境のTier1〜2のデッキに高い確率で勝てる構築が完成したから。後述にあるように、無限に湧いてくるであろう【ゲロゲジュナイパー】に五分以上が取れ、【ボルケニオン】には相性有利、【Mミュウツー】にはよっぽど脳筋されなければ負けないレシピに仕上がりました。

2つ目は初見殺しの性能が高いから。SMの環境推移に伴って皆ゲッコウガとの戦い方を忘れており、対非EXのサイドを6枚取り切るというプランニングがされにくいこと、メタカードの採用でこちらが優位なゲームにしやすいことが挙げられます。実際の試合でもテックが刺さるシーンが多々あったので、デッキ選択は間違っていなかったと思います。

 

デッキレシピと採用カードについて

レシピに関しては共同開発の関係上、掲載ができないので、キーカードと採用理由だけを紹介します。元案はまさき(@ptcg_msk)さん。

f:id:moco470:20170228203733j:plain f:id:moco470:20170228202015j:plain f:id:moco470:20170228202020j:plain f:id:moco470:20170228202016j:plain f:id:moco470:20170228202018j:plain

本大会でのトップメタは間違いなく【ゲロゲジュナイパー】。このデッキに対する回答を用意することが一番の課題でした

【ゲロゲジュナイパー】のデッキ性質上、エネルギーの総枚数が7~8枚であることに着目し、特に【基本草エネルギー】を全てトラッシュすることで、【フェザーアロー】による狙撃を抑え込めば押し勝てる、という結論に。

そこで着目したのが、XY環境トップメタの一角【ゲッコウガ】。【うねりの大海】の恩恵でガマゲロゲとの殴り合いに強く、影縫いによって疑似的に相手の特性をロックできる。水タイプという色が環境的に強く、進化中心の環境である以上【きょだいみずしゅりけん】が弱くない理由がない、と諸々の理由がありデッキ軸が決まりました。

また、デッキに採用した【改造ハンマー】【クセロシキ】【スカル団のしたっぱ】【フレア団のしたっぱ】の4枚のテックカードについて。

【改造ハンマー】
ダブル無色によるダメージパンプが多い環境のため腐る試合が少なく、特に【ゲロゲジュナイパー】に対しては勝利札になるカード。環境に多い【Mミュウツー】に対する牽制にもなり優秀。

フレア団のしたっぱ】
目の前のジュナイパーの草エネルギーを叩き割るためだけに採用したカード。初見殺し感が強く、決めたらほぼ勝てるのが魅力。ゲコガシラが分身するターンが暇なので、雑に打っても強い。

スカル団のしたっぱ】
再三言っているように【ゲロゲジュナイパー】に対する明確なテックカード。ホロウハントの返しに手札に戻った二子玉を叩き割る。暇な時に打ってもだいたい強い。

クセロシキ
ゲロゲのブルパンを止めたり、サーチャーで下からダストダスを処理するためのカード。【改造ハンマー】と違ってグッズロック下でも縦から打てるのが強く、ほぼ全ての試合で機能したと思います。

…と、これらのカードの動きを最大限生かすために採用したのがファイアローゲッコウガに多い初手の事故を緩和し、潤滑に分身と妨害を進めることができる。また、BO3という大会形式に向いているという特徴から、海外レギュレーションでも人気の構築を踏襲。今回のレシピの中核となりました。

 

本戦

大会規模はオープンで588人が参加でしたが空席もちらほら。DAY1予選はA・Bの2リーグに分かれて各リーグ上位42人がDAY2予選に進出。各リーグDAY2進出者から上位8人ずつの計16人がクライマックス進出というルールでした。

筆者はAリーグでの参加でした。以下は試合の概要と結果のメモになります。

 

DAY1 

1.社員ingさん:f:id:moco470:20160409131022p:plainMミュウツーアロベト ○○

①いきなり知人と当たって談笑。試合開始と共に早速初見のハンマーがぶっ刺さる。お相手の後続が育たず押し切って勝ち。

②基本エネで構成されたMミュウツーを育てられるも下っ端+改ハンでBREAKが死なないラインを確保。そのまま前のエネ濁になったMミュウツーを狩り殺して勝ち。

 

2.少年:f:id:moco470:20160408162035p:plainミュウ行進 ○✖︎△

①初手から全力で行進してくるものの、やはり初見の下っ端ハンマーは回避できなかったよう。二子玉切れでネクストゲーム。

②Nとプラターヌを打ったにも関わらずゲコガシラに水エネが付かない。そのままテンポを取られBREAKが間に合わず負け。

③タイムアップで引き分け。その後、相手はドロップ。時間の都合とのこと。

 

3.かかっしー:f:id:moco470:20170302142230p:plainクワガノンGXガマゲロゲ ○○

①身内のためお互いデッキバレ済み。展開のためシェイミを2匹出してくれる。前のクワガタとシェイミ2匹を殺して勝ち。この試合でBRAEKを一撃で殺してくる超電磁砲のやばさを感じる。

②クワガタ2匹が育ち、超電磁砲を連打する態勢に入られるものの、下っ端→改ハンで二子玉をひたすら消費させて全体のエネを枯らして行く。最後は非EXのクワガタをフラダリ影縫いで縛って勝ち。

 

4.おいちゃん:f:id:moco470:20160409131022p:plainMミュウツーダスト ○✖︎△

①相手の前のフーパに2枚の超エネがつく。鉢巻エアロブリッツと鉢巻月光切りで勝ち。

②祠が出ている+超3二子玉1で無傷のMミュウツーを前に「手裏剣!手裏剣!月光切り望みます!!!」ってやった。盛大なプレミのため負け。

③お相手またもやフーパスタート。分身から展開するもタイムオーバー。2戦目のプレミを大きく引きずる結果に。

 

5.お母さん:f:id:moco470:20160921170228p:plainボルケニオンスターミー ○○

①手紙が入ってたりするボルケニオン。影縫い手裏剣鉢巻月光切りびよーん!ってしたら勝ってた。

②影縫い手裏剣鉢巻月光切りびよーん。勝ち。

 

6.おいちゃん:f:id:moco470:20160114213726p:plainブラッキーゾロアーク牛 ○○

ブラッキーが翻して牛にチェンジしてくるも、スタートしたファイアローがブリッツで打点を調整してくれる。そのまま手裏剣投げ切って勝ち。

②お相手展開するも二子玉を全く引かない。なんとか育ったゾロアークがイカサマ影縫いしてくるものの、大海回復から月光切りでダメージレースを優位に進める。ラストはスカル団で手札のエネを枯らして鉢巻月光切り連打で勝ち。

 

ここまでがDAY1。4-0-2(14)で無事にDAY2進出。帰りに阪急梅田前の天ぷら屋で晩ごはんを食べました。おいしかったです。

f:id:moco470:20170301181454j:image

 

DAY2

7.にーちゃん:f:id:moco470:20161220151141p:plainゲロゲジュナイパー ○✖︎△

①後攻。ケロマツスタート。順当に進化しブルパン影縫い合戦へ。ジュナイパーに切り返してきたときに改ハンで動きを止める。ホロウハントの返しにスカル団を決めて、草エネと二子玉を叩き割って投了勝利。

②後攻。アロースタート。初手スカル団を決めて、二子玉を叩き割るところからスタート。ホロウハントで二子玉を3枚回収され、Nで流して動きを止める。ラストの二子玉をプラターヌ→改ハンで崩せば勝ち確だったが、7枚中に改ハンが見えずで負け。

③2試合目の終了時点で50分直前だったのでノーゲーム。引き分けに。

 

8.ねこわるさん:f:id:moco470:20170302142651p:plainジガルデルカリオ牛ダスト ✖︎○△

①先行。ケロマツスタート。ボールを引かずにターンを返したら、目の前のルカリオが「ネストボール→ケンタロス→紐→二子玉」でケロマツが串刺しにされてネクストゲーム。

②先行。アロースタート。順当に分身からBREAKまで進化し、ダストも立たなかったので比較的楽に勝利。この段階でスタジアム(特にパラレル)多めの構築であることに気付く。

③後攻。アロースタート。ジガルデにストロングが付かず、分身したゲコガシラが生き残る。盤面有利でエクストラターンまで拮抗し、あと1ターン、手裏剣1枚が投げれずにタイムアップ。

 

9.めかはんさん:f:id:moco470:20160114105650p:plainマギアナ白レック ✖︎○✖︎

①後攻。ケロマツスタート。ボールを引かずに泡コイン裏。エメラルドブレイクでネクストゲーム。

②先行。アロースタート。綺麗に後1エメラルドブレイクを決められ焼鳥が死ぬものの、改ハンと手裏剣+鉢巻月光切りで圧力をかけて勝利。

③後攻。ケロマツスタート。お相手泡対策に鋼エネをしっかりつけてターンエンド。こちらのハンド選択が「下っ端でエネを割って泡チャレンジ or Nでボールにアクセス」の二択。後者を選択してボールを引かず。返しにエメラルドブレイク、対戦ありがとうございました。

 

終結果は4-1-4(16)でクライマックス進出ならず。デッキ製作者と仲良くAリーグベスト32入りで大阪大会本戦は幕を閉じました。

f:id:moco470:20170302144125j:plain

プレイングでの反省点は(1試合を除いて)なかったので、単純にDAY2の自分の引きと、BO3での時間の使い方の練習不足かなと思います。非常に強いレシピだったので、次環境も積極的に考察していきたいです。

 

サイドイベント

こだわりハチマキ確保のためDAY2のイベントのみ参戦。総計18ポイントでハチマキは3枚確保。以下、試合結果のメモです。

 

ウェルカムバトル

本戦で使用した【ファイアローゲッコウガ】で参戦。流石にDAY2進出の構築でその辺のデッキに負ける要素はなく、危なげなく3連勝。

①少年:白レックバレット ○

②お兄さん:イベルタルダークライ

③少年:ゲロゲジュナイパー

 

ほんきをだすバトル

かいるくんをゲームの相方に、本戦で使用した【ファイアローゲッコウガ】で参戦。個人では3連勝。隣でかいるくんも3連勝し、チーム勝利賞を美味しく獲得しました。

①おいちゃん:ナゲツケサルミュウ ○

②少年:イベルタル

③おいちゃん:乳牛ゲロゲジュナイパー

 

終わりに

総評としては、BO3という新しいルールを、公式側もプレイヤー側も勉強できた良い大会だったと思います。目標を勝つことにシフトしたポケモンカードは試合の密度が濃く、大会前の練習段階から充実していました。

サンムーン環境で初めての大型大会でしたが、公式の調査にもあるようにデッキの分布が非常に多岐化しており、どのデッキにも勝ち上がる可能性を感じる環境だと言えます。これから新弾が徐々にリリースされていきますが、新規参入者も増えつつあるポケモンカードはまだまだ楽しくなりそうですね。

 

チャンピオンズリーグ2017に向けてのメモ

f:id:moco470:20170109160100p:plain

来る2017年2月18日、WCS2017に向けた予選会であるチャンピオンズリーグ2017が開催されます。先陣を切るのは大阪会場ですが、オープンリーグは昨今の大会形式に見ない、事前予約制およびBO3(Best of Three)が採用されたことから、スムーズな大会進行や準備がしにくい状況であると思います。

ここではチャンピオンズリーグ2017に遊びに行く際の、注意点および環境のメモを残しておきます。

 

持ち物

・デッキおよびデッキケース・スリーブ
当然ですがデッキ1個。移動や持ち運びを考えて出し入れしやすいケースに入れていきましょう。また、替えのスリーブは必須なので予備を用意しておくこと。シャッフルの関係上、2重スリーブ未満が好ましいと思います。

・デッキシート
提出用のデッキシートを記入しておく必要があります。コンビニエンスストアでも印刷できるため、まだの方はしておきましょう。(こちらからダウンロードできます)

・時計
意外と盲点なのが腕時計。BO3の50分を視覚的に判断する道具は必ず持っていきましょう。試合中、スマートフォン等の電子機器類の使用は禁止されている点も注意。

・飲み物・軽食
会場内は暑いため定期的に水分を摂取する必要があります。また、例年お昼時に売店やコンビニに人が押し寄せるため、軽食類は事前に用意しておくことをオススメします。

・レジャーシート
休憩時に敷くためにあると便利。

 

大阪会場へのアクセス

マイドームおおさかへのアクセスマップです。

 

環境考察

f:id:moco470:20170217004352j:plain

ざっくりまとめると上図のような体系になっています。

Tier1はゲロゲジュナイパーが飛び抜けて強く、順を追ってボルケニオンMミュウツーダストが食い込んでくるイメージです。

Tier2は4つのデッキを載せていますが、中でもイベルタルレックウザが抜きん出たパワーを持っていると感じます。いまではジジーロンケンタロスを絡めたWTBクワガノンGXもTier2に入ってくるでしょうか。

Tier3はSM環境で登場した高耐久GX類がざっくり入ります。どのデッキでも回れば強いポテンシャルを持っているので、一定の勝率は見込めるはずです。

さて、ここで注目したいのがXY環境を代表するデッキ「よるのこうしん」。ゲロゲジュナイパーの台頭で厳しい環境だと思われていますが、実はゲロゲジュナイパー以外のデッキにはぶっ刺さっています。ゲロゲジュナイパーに高い勝率を見込める構築ならば、環境上位に食い込む可能性があると見ていいと思います。

 

終わりに

チャンピオンズリーグ2017の大阪大会は、今後行われていく全国各所での大会のブラッシュアップも兼ねていると思われます。我々参加者サイドも勝手がわからず混乱する点が多くあると思いますので、余裕を持って臨めるよう準備をしておきましょう。

 

チャンピオンズリーグ2017のルールについて

f:id:moco470:20170109160100p:plain

チャンピオンズリーグ2017の詳細が発表されました。1/6現在、オープンリーグの大会形式が前大会と比較して大きく変更されているため、重要なポイントをピックアップして記載しておきます。以下に公式URLを貼り付けておきますので参考までに。


1マッチ2本先取のスイスラウンド形式
f:id:moco470:20170109161548p:plain

通称 BO3(Best of Three) という海外公式大会で標準化されている形式を、遂に日本大会でも取り入れました。予選のみですが、1マッチ50分の2本先取 = 最低でも2戦を行う形式。戦成績が同程度のプレイヤーとの対戦を規定回数繰り返していくことになります。

f:id:moco470:20170108184425p:plain

公式に記載されていたルールがWCSと異なる点にも注意。つまり、サイド取得枚数に寄らず、勝敗が決まっていない時点で引き分けになる点。ちなみにサイドボード(入れ替え用の予備カード群)も存在しない様子。ここでマッチの勝利条件を挙げておきます。

①1戦目で勝ち→2戦目で決着なし(引き分け)以上
②3戦目で勝ち

また、大事なのは以下の文章。

f:id:moco470:20170108184352p:plain

先の勝利条件①を目指す場合、制限時間コールの時点でアクティブプレイヤーのターンが終わるまで、つまり相手にターンが返されずに対戦が終了します。オブラートに包まずに言うと、1回勝って残り時間は遅延すれば勝ちという、遅延行為を助長しているようにも取れます。

昨今のジムバトルに多い30分1本勝負の形式に慣れている日本人にとって、この変更は大きく痛いものになるでしょう。時間的プランをよく考えてゲームメイクしなければいけないため、感覚の練習を事前にしておく必要があるかと思います。

 

サレンダーという選択肢
f:id:moco470:20170108191626p:plain

BO3形式では、単純な割り算をすると1試合あたり15分の時間をかけることができます。良くも悪くもこれは短い時間だと思われる方が大多数でしょう。

例えば、1試合目の最初のターン、あなたは相手に完璧な盤面を整えられました。返しの自分のターン、場にポケモンはいるものの手札が悪く、サイドレースが追いつかないことがわかっているというシーン。

このまま試合を続けても、自分が負けることがある程度明瞭化されている場合、自分のターンにサレンダー(降参)を宣言してゲームを譲る選択肢があります。(ルール上認められるかは公式デスクサポートに問い合わせ中です。)

ここで思い返してほしいのが、勝利条件です。1回負けても試合は続くという性質を利用しましょう。サレンダーすることで、2試合目以降の時間を確保し、「残り時間で2勝する」というプランを作ることができます。無駄な1試合に時間をかけないという考え方を覚えておきましょう。

WCS2015の決勝でもサレンダーの有用性がわかります。

   

Twitterで情報を頂きましたので追記します。

(お互いが決勝リーグに上がれる前提の場合、任意で試合を引き分けにする選択肢が生まれるようです。参考URLを以下に貼り付けしておきます。)

 

情報アドバンテージを稼ぐ

BO3形式は高度な情報戦という性質も兼ね備えています。掻い摘んで言うと「相手のデータは多く」「自分のデータは少なく」提示するようにゲームをプレイしなければいけない、ということです。

1試合目は、相手のデッキタイプはもちろん、各種サポートや【バトルサーチャー】の採用枚数、【改造ハンマー】や【びっくりメガホン】といったピン刺しのカードの有無を確認します。2試合目以降は収集したデータを下にプレイングを行う、ということになります。

具体的な例を挙げましょう。自分が使うデッキが【よるのこうしん】、相手が【白レックウザ】だとして、こちらが1試合目に提示すべき情報、集めるべき情報はどこでしょうか。

 f:id:moco470:20170108210650p:plain

大まかなところでは、【カリン】の有無、【ガマゲロゲEX】の有無、【Δチルタリス】の有無、このあたりが目の付け所でしょうか。もっと細かいところで言うと【クセロシキ】【びっくりメガホン】による【闘魂の廻し】メタなど、着目すべき部分は多いと思います。

1試合してみて「ない」と判断できれば2試合目以降のプレイングの負担が減るでしょうし、逆に「ある」とわかれば序盤からテックカードを想定した立ち回りを行うことができるでしょう。

 

デッキ選択

BO3の最も重要な要素のひとつは、自分が使うデッキをどう選択するかという点です。 ここではBO3の本質にスポットを当てて見ていきましょう。

まず第一条件に、「能動的に勝てるデッキであること」です。

例えば【ルナアーラGX】デッキや妨害札を多く積んだ【ルガルガンGX】デッキなどの耐久向け、受け身なアーキタイプはBO3に不向きです。なぜなら50分の時間制限というシビアな拘束の中で攻め手に欠ける選択肢が多いのは、ある種の自殺行為だと言えるからです。

その点、【よるのこうしん】や【MレックウザEX】などのアーキタイプは、中~高打点をコントロールすることで「時間を操作できる」という意味で優秀な特性のデッキだと言えます。

そして、第二に「使い慣れたデッキであること」です。

先述した通り、BO3は高度な情報戦が繰り広げられます。自分のデッキプールはもちろん、相手の使用したカードも対戦と並行して頭に入れていかなければいけません。その際、相手のデータを整理する脳の容量を大きくするため、ある程度使いこんだデッキを握ることをおすすめします。

また、本大会では海外と決定的に違う点があります。それは、「予選がBO3、決勝リーグがBO1であること」です。

例えば【ファイアロー】入りの【ゲッコウガBREAK】デッキを見てみましょう。この有名なタイプがWCS2017の決勝まで足を進めることができたのは、BO3形式に準じたデッキだからです。このデッキは【ファイアロー】のスタートパワーありきのデッキ構築ですので、6割で【ファイアロー】スタートするこのデッキでは、確率さえ収束すれば、1試合が【ケロマツ】のスタートであっても問題はありません。

一方、日本でメジャーなBO1形式では、「1回でも【ケロマツ】スタートした時点で負け」というシビアな条件に変わってしまいます。これは日本と海外で構築に差がある理由のひとつでもあります。

そのため、本大会ではBO3だけでなくBO1で戦うことを踏まえたデッキを選択する必要があり、メタゲームをしっかりと考えた上でデッキを握らなければなりません。

 

結論 

概説すると、BO3形式はいままでと勝ち方が大きく変わるということ。50分2本先取という形式になるべく早めに慣れておきましょう。

BO3についてはあまり詳しくないので、雑記程度ですがこのくらいメモ書きしておきます。その他気付いたことがあれば随時更新していくつもりです。

 

※追記 クリーチャーズの記事で面白そうなものを見つけたのでURLを貼りつけておきます。