読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イーブイズの小屋

カードで戦うイーブイズの日常

イーブイズの きょだいみずしゅりけん!▼

f:id:moco470:20160320145217j:plain

影に忍び 闇に消える 忍術操り 任務を遂行

刀を背中に… 秘伝 巨大水手裏剣!(星のカービィWii-ニンジャより抜粋)

 

f:id:moco470:20160320145958p:plainf:id:moco470:20160320150000p:plainf:id:moco470:20160320150002p:plainf:id:moco470:20160320145954p:plainf:id:moco470:20160320145955p:plainf:id:moco470:20160320145957p:plain

gachalogさんでレシピ掲載させていただきました!パスワードはイーブイ(1121)です。

 

まず最初に謝辞を。元々このデッキは悪友友人であるリョウ(@molmol_poke)さんの考案したレシピをもとに個人が使いやすいようチューンアップしたものです。

本人のブログにて細かな解説はされているため、詳しくは下記URLの記事にてご確認ください。

 

f:id:moco470:20160320145958p:plainコンセプトについて

ゲッコウガの最大の強みは特性:きょだいみずしゅりけんによる狙撃と自身の火力の疑似的なパンプアップです。最大で手裏剣60+手裏剣60+手裏剣30+鉢巻月光切り100のダメージを1ターンで叩き出すことができます。

一方、シェイミを台頭とした強力な特性が多い昨今のポケモンカードゲームでは、特性ロック、早い話がオカルトマニアをデッキに1枚ないし2枚入れているプレイヤーさんも多いのではないでしょうか。もこさんはそうでした。

通常のゲッコウガデッキであれば、オカルトマニアを連打されることが明確な負け筋になります。事実ゲッコウガデッキが流行する中、対策はオカルトマニアをデッキに入れることであると結論が出て、見事にそれがぶっ刺さった結果、ゲッコウガは衰退の道をたどることになりました。

そこで某氏は考えました。オカルトマニア?撃たせなければよくね??!

 

f:id:moco470:20160121112820p:plainf:id:moco470:20160320151913p:plain立ち回りについて

ボール多投の構築です。事故が多い、というゲッコウガデッキの問題を解決するため、初ターンに何が何でもケロマツテッポウオを召喚します。後攻1ターン目にミツルみずぶんしんなんか出来なくてもいいんです。

序盤はとりあえずジャッジマンとXY10で復権したNを連打しましょう。するとどうでしょう、相手が事故ります。事故らなかったらもう一度ジャッジマンしてください。事故ります。

また、最初のケロマツないしゲコガシラは殺されても構いません。ゲッコウガデッキは中盤~後半に一気に巻き返すデッキなので、サイドは2~3枚献上しても射程内です。サイドレースに差がついた返しにエリートトレーナーが使えればベストです。相手が事故ります。

ここで大切なのが、こうやって相手の手札を毎ターンいじることで、バトルサーチャーやサポート権をドローに使わざるを得なくなる、ということです。こちらはオクタンで追加のドローができますが、相手は当然オカルトマニアなんて撃ってる余裕はありません。万一撃たれることもありますが、逃げてケロマツがあわを吐くことで50%は無駄打ちになります。

このように、手札とサポートのアドバンテージを稼ぎつつ、手裏剣+かげぬいで相手を仕留めていく動きになります。

 

終わりに

初手グッズロックなどはじゃんけんに勝つゲームなので考慮していませんが、正直、θストップのMジュカイン以外に負ける気がしません。Mジュカインに関しても必要カードの多いデッキなので、事故らせることができればワンチャンス勝てるかもしれません。

2016年3月19日(土)にイエローサブマリン姫路店さんでカメックスメガバトルのセカンドステージパス(優先出場権)を獲得しましたので、報告ついでにレシピの掲載するに至りました。何かの参考になればと思います。