読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イーブイズの小屋

カードで戦うイーブイズの日常

イーブイズの いじくりまわす!▼

f:id:moco470:20160818015759p:plain

 

「いじくりまわしまーす!!!!!!」

 

f:id:moco470:20160818015413p:plainf:id:moco470:20160818015415p:plainf:id:moco470:20160818015416p:plainf:id:moco470:20160818015414p:plainf:id:moco470:20160517164323p:plain

※当記事のデッキ案およびレシピはすべてリョウさん(@molmol_poke)に帰属します。
デッキの詳細説明について公開の許可を頂いたことを、この場を借りてお礼申しあげます。

 

 

このデッキが生まれた過程


遡ること11月某日。とある友人がポケモンカードハンデスをすることを考えた。グランブル(XY9)のどっきりバークとエリートトレーナーで相手の手札はゼロ!も〜ダメでしょ〜??

でもいつかはトッププラターヌで解決してしまう。ハイパーボール→シェイミでも解決する。もっと言うとエネルギー引かれて殴られるだけでも辛い。その間に相手を倒し切れるか、いやない(反語)。

 

ならどうすればいいか。

相手にゴミカードしか引かせなければいいんじゃね????

 

 

———日本代表決定戦の1週間前。新弾を含めたレギュレーションでの試合を制すため、公式ホームページのカードプールを確認していた。その多くはゼルネアスBREAKやスペシャルチャージなど、既存のデッキを強化するカードに注目が集まっていたが、筆者はとあるカードに衝撃を受けた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:moco470:20160818011701p:plain

 

い じ く り ま わ す 。

 

 

実はネイティオ(XY6)が既に同様の効果のワザを持っているのだが、たねであり1エネでワザが撃てる点で俄然優位。これは面白いことができそうだ。

 

では、エイパムでいじくりまわした後にどうするか。

そう、有用カードをすべてトラッシュに叩き落とせば、相手はポケモンカードができないのである。そんな悩みを解決できる、今回ご紹介するカードがこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:moco470:20160818011753p:plain

 

ほるほる♂!ほるほる♂!

 

 

よし、これであとはレッドカードポフレ怖いお姉さんで相手のハンドを0にした後、トップ操作で有用カードを根こそぎトラッシュすれば勝ち確。かるいしを貼ってエイパムホルビーが交互にワザを打つ。完璧だ。

 

こうして†さいきょうのでっき†が生まれたのである…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ決まらないよね。

 

プラターヌ、N、バトルサーチャー、トレーナーズポスト、シェイミなど、デッキに入る大半のカードはトップ即打ちできる有用カード。というかハンド枚数に依存してゴミになるようなカードなんて基本採用されない。事故りやすいのは精々、ビーゾロとかゲッコウガとかライチュウバットとかポケモンが多いデッキくらい。

 

……ん?ゴミカードがないなら、自分で作ればよくね???

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:moco470:20160818012025p:plain

 

咲いた。

 

デッキの優に3割強をゴミカードに変える、みんな大好き有害花である。大概のデッキの1/3はグッズ。つまり、3枚いじくりまわしたら理論上1枚は確実にゴミカードになる。今度こそ相手は死ぬ。

 

こうして†さいきょうのでっき†(TAKE2)が生まれたのである…。

 

 

デッキの動き方


1ターン目にエイパムホルビークサイハナ軽石を貼った後、ラフレシアになる。それだけ。

正確には、レッドカード+ポフレで相手のハンドを確認して、事故っていればラフレシアを決めます。フレア団のしたっぱ、またはフラダリで相手のバトルポケモンを縛って技を使えない状態まで持っていければ完成です。

エネの貼り先を確保するためエイパムを優先して立たせます。時点でナゾノクサホルビーです。ベンチスペースの関係上、シェイミは1体はコストにして切ってしまって構いません。

また、1ターン目はデッキが相当うまく回らない限り前のポケモンが被弾するので、縛りが始まるのは基本的に2ターン目以降になります。前のポケモンがワンパンされないように気をつけましょう。

サナは山札回復用、AZは事故回避用、プラターヌは初ターンの展開に使います。バトルコンプレッサーはいらなくなった巨大樹やクサイハナをトラッシュにぶち込む用です。

体勢が整ったらエイパムでいじくりまわしていきます。下記3パターンをループして試合を進めていきますが、基本的に相手はドローターンエンドと言うだけです。

 

①トップ3枚が有用カード1枚+ゴミカード2枚だったとき

1枚目← f:id:moco470:20160818002210p:plain f:id:moco470:20160818013302p:plain f:id:moco470:20160818002229p:plain →3枚目

サンドイッチして【ほるほる+たがやす】→【いじくりまわす】でループ。

 

②トップ3枚が有用カード2枚+ゴミカード1枚だったとき

1枚目← f:id:moco470:20160818002210p:plain f:id:moco470:20160818013302p:plain f:id:moco470:20160818013526p:plain →3枚目

有用カード2枚を後ろにして【ほるほる+ほるほる】→【いじくりまわす】。相手のトップドロー次第で解決されるので祈りましょう。

 

②トップ3枚がすべて有用カードだったとき

1枚目← f:id:moco470:20160818013302p:plain f:id:moco470:20160818013302p:plain f:id:moco470:20160818013526p:plain →3枚目

相手を褒め称えましょう。

 

 

雑多と感想


体感4割~6割で決まります。ラフレシア自体は100%に近い確率で成長しますが、ホルビーエイパムの2匹にかるいしを貼るのが相当辛いです。

また、意外と行動が相手に依存するので、対人経験は非常に大事です。フラダリやしたっぱのタイミングは実際にプレイしてみないと掴めません。ひとり回しだけでなく積極的に大会に持っていって使ってみましょう。

一番大事なこととして、いじくりまわすときはハイテンションかつ元気に「いじくりまわしまーす!!!!」と言いながら相手のトップを見ると最高にクールです。

みなさんも是非いじくりまわしてみてください。