読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イーブイズの小屋

カードで戦うイーブイズの日常

みんなよくやるポケモンカードの間違い

ポケモンカードについての細かいルールなどは、ポケモンカード公式のフロアルールやQ&Aで確認できますが、対戦中によく見かける処理のアレコレをまとめてみました。 

 

f:id:moco470:20160308132332p:plainきぜつの処理

①技のダメージを与える→②技の効果が反映される→③ポケモンがきぜつになる→④カードがトラッシュに行く、の順番で処理されます。

きぜつのタイミングは「技の効果を解決し終えた後」になるため、ポケモンにきぜつ分のダメージが与えられたとしても処理中は場に居続けることになります。

 

例:MハッサムEXがアイアンクラッシャーでスプラッシュエネを貼ったゲッコウガをきぜつさせた場合

⓪ワザの宣言をする

f:id:moco470:20160909234718p:plain

①ダメージが与えられ、②ワザの効果が発生する

f:id:moco470:20160909234743p:plain

ポケモンがきぜつして、④トラッシュに送られる

f:id:moco470:20160909234844p:plain

①の段階でゲッコウガはきぜつすることが確定しますが、このままではスプラッシュエネの効果がはたらくため、ゲッコウガは手札に戻ります。しかし、④のトラッシュに送られる手順の前に②のワザの効果が発生するためスプラッシュエネルギーが割られます。結果、ゲッコウガは手札に戻らずトラッシュに行くことになります。

 

f:id:moco470:20160308132332p:plainダメージの算出方法

f:id:moco470:20160408140641j:plain とつげきチョッキ

①基本ダメージ量→②自分にかかっている効果の反映→③弱点・抵抗力の計算→④相手にかかっている効果の反映→⑤ダメージの決定、の順番で計算されます。

パラレルシティは自分にかかる効果なので、弱点計算の前にマイナスされます。突撃チョッキは相手にかかる効果なので、弱点計算の後にマイナスされます。

ちなみに①〜④の処理の中で、一度でもダメージが0になった場合、そこでダメージ計算を終了します。

 

f:id:moco470:20160308132332p:plain空打ち①

f:id:moco470:20160909123256j:plain f:id:moco470:20160909123257j:plain f:id:moco470:20160909123341j:plain

ハイパーボール、フウロなど、任意のカードを対称にする効果は「山札が1枚以上ある場合」に空打ちすることができます。早い話が「使ってみないと対象があるかわからない場合」は使えるといったイメージでいいかと思います。

逆に、ベンチにポケモンがいない状態でのポケモンいれかえなど、「使っても場が変わらないとわかっているもの」は空打ちができません。

あなぬけのひもなど、両方のプレイヤー側に効果が適応するものも同様です。お互いバトル場のポケモンのみの場合は使えません。

 

f:id:moco470:20160308132332p:plain空打ち②

f:id:moco470:20160909123534j:plain f:id:moco470:20160909123533j:plain

シンカソーダ、ミツルなどは、最終進化形に対しても打つことができます。

例えば、ウインディBREAKなどは、既存の1進化のウインディが後のカードプール増加によって進化が可能になりました。このように、公式の裁定では「どのポケモンにも更なる進化の可能性が残っている」 という解釈の上で、空打ちが可能になるとのことです。

 

f:id:moco470:20160308132332p:plain山札に関するカードテキストの解釈

f:id:moco470:20160909123653j:plain f:id:moco470:20160909123258j:plain f:id:moco470:20160909123650j:plain

モンスターボール、はかせの手紙など「山札のポケモン・トレーナーズ・エネルギーを持ってくる」と記載されているタイプは「0枚選ぶ」=「1枚も持ってこない」ということが可能です(空打ち①の話)。

一方、バトルコンプレッサー、センパイとコウハイなど、「山札の好きなカードを持ってくる」と記載されているタイプは「1枚上持ってこなければならない」という裁定が出ています。

ちなみにこの裁定は、ポケモンカード公式ブログでも紹介されています。

 

f:id:moco470:20160909191848p:plainまんたんのくすり

f:id:moco470:20160909123739j:plain

空打ちと似たような話ですが、効果が2つ書かれたカードは、前者の効果の適用確認後、後者の効果が反映されます。

まんたんのくすりの場合は、「ダメージをすべて回復」、その後「エネルギーを全トラッシュ」とあるので、ダメージの乗っていないポケモンに対しては効果を適用できないため、使うことができません。

他にも怖いお姉さんなどが同様の裁定になります。

 

f:id:moco470:20160711155458p:plainゼルネアス(X30)のジオコントロール

 f:id:moco470:20160909123842j:plain

山札を見る前に対象になるポケモン2匹を選ぶ必要があります。

ジオコントロールを宣言→対象を選ばず山札を見るというプレイングは、例えば「山札にフレフワンがいることを確認してからシュシュプにエネを付ける」というプレイを可能にしてしまうため、極めて重大なルール違反です。気をつけましょう。

 

f:id:moco470:20160409094756p:plainMライボルトEXのターボボルト

f:id:moco470:20160909123913j:plain

ターボボルトでトラッシュからエネを付けるのは強制効果です。

トラッシュに対象となるエネルギーがある場合は、解決できる限りは技の効果に従わなければなりません。トラッシュにエネが2枚以上ある状態でターボボルトを打ったとき、技の効果で「2枚まで」ではなく「2枚」とあるので、1枚だけ付けることも不可能です。

他にもメレシーBREAKのダイヤモンドギフトなどが同様の裁定になります。

 

f:id:moco470:20160308132332p:plainカットとシャッフル

f:id:moco470:20160909124427p:plain

フロアルール(ver2.4)では、山札を3つ以上に分けて切ることをシャッフル、山札を2つに分けて切ることをカットと定めています。

対戦中に「カットをお願いします」と言われた場合、「山を半分に分けて置き直してください」という意味になりますので、シャッフルは推奨されません。

シャッフルしたい場合は、「カットではなくシャッフルしてもいいですか」と対戦相手に了承を取ってからにしましょう。

 

  

他にもあったらTwitterで言ってください。