読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イーブイズの小屋

カードで戦うイーブイズの日常

サンムーンからポケモンカードを始めた方に②

初心者講座SM

アローラ!

サンムーン環境になって以来、ポケモンカードプレイヤーの新規参入者が段々と増えつつあり、非常に嬉しい反面、デッキの作り方やカードの使い方などインターネット上に情報が少ないという実情があります。

ここでは、「公式大会に参加する前に、あらかじめ基礎知識を身に付けておきたい!」「対戦でなかなか勝てないので、ポケモンカードの基本をおさらいしたい!」という新規プレイヤーの方に向けた、環境のデッキタイプについて紹介していきます。

最終更新日:2017年 3月 5日(随時更新中!▼)

 

f:id:moco470:20160408134644p:plainトーナメント環境

f:id:moco470:20170217004353j:plain

最新の環境は上記記事を参考ください。

 

f:id:moco470:20161220151141p:plainジュナイパーGX+f:id:moco470:20160409094737p:plainガマゲロゲEX

f:id:moco470:20161220142636p:plain f:id:moco470:20160409102928j:plain

数々の大会で結果を出すSM環境初期のトップメタ。
昨今【ガマゲロゲEX】の【ブルブルパンチ】によるビートダウンの欠点は30ダメージという打点量の低さでしたが、【ジュナイパーGX】がそれを解決してしまいました。毎ターンノーコストで放てる【特性:フェザーアロー】によって、相手をグッズロック下に置きつつ、ダメージレースを優位に進めることができます。
HP200超の重い進化ラインへのテックカードとして【エーフィEX】が採用されることが多いです。

 

f:id:moco470:20170119113519p:plainラランテスGX+f:id:moco470:20160517164323p:plainラフレシア

f:id:moco470:20170119112504p:plain f:id:moco470:20170119112528p:plain f:id:moco470:20160409101502j:plain

ラランテスGX】系統のデッキにはいくつかの派閥が存在しますが、【ラフレシア】と組み合わせるアーキタイプが最も強い組み合わせのひとつでしょう。【巨大植物の森】の恩恵を受けて、先行1ターン目から【ラランテスGX】と【ラフレシア】を一気に育て上げ、序盤からテンポを取っていきます。
ラフレシア】によるロックに頼らずとも、【ラランテスGX】単体が十分強く、【ソーラーブレード】と【クロロサイズGX】による打点の切り返しも強力。

 

f:id:moco470:20160114213726p:plainブラッキーGX+f:id:moco470:20160517162423p:plainゾロアーク

f:id:moco470:20170119112616p:plain f:id:moco470:20160409105112g:plain f:id:moco470:20151218121313j:plain

ブラッキーGX】は、かつての【ダークライEX】を彷彿させるベンチ狙撃ワザを持ち、【ゾロアーク】と合わせて盤面のダメージ量をコントロールできます。
進化前である【イーブイ】の【特性:エナジー進化】の恩恵もあり立ち上がりが早く、1進化ラインを中心としているため、【ブースター】【シャワーズ】のタイプエフェクトを絡めることも可能です。
デッキムーブを相手に合わせて変えなければいけない点では中~上級者向け。

 

f:id:moco470:20170119113521p:plainルナアーラGX+f:id:moco470:20160705232509p:plainソーナンス

f:id:moco470:20170119112642p:plain f:id:moco470:20160408161525j:plain f:id:moco470:20160704133710j:plain

硬い、重い、倒れないエネルギーコントロール
要求エネルギーの関係上【ルナアーラGX】が行動できるまでに3ターンかかるので、【ソーナンス】による特性ロックを絡めてゆっくり育て上げるタイプが多いです。一度【ルナアーラGX】さえ立ってしまえば、【特性:サイコトランス】と【まんたんのくすり】で優位に殴り合いを進めることができます。【ミステリーエネルギー】による疑似的な逃げエネゼロも強さの一つ。
終盤のフィニッシャーとして【ミュウツーEX】を投入するのがオススメ。

 

f:id:moco470:20170119113520p:plainソルガレオGX+f:id:moco470:20160517162930p:plainドータクン

f:id:moco470:20170119112633p:plain f:id:moco470:20160409102624j:plain 

ソルガレオGX】の【メテオドライブ】により、ほとんどのポケモンを一撃で倒していくワンパンデッキ。デメリットであるエネルギーの供給を【ドータクン】の【特性:メタルチェーン】によって半永久的に可能にしています。
特性ロックに非常に脆い側面を持つため、【ダストダス】は早めに処理できるようプレイングを心がけること。現環境に多い【ボルケニオンEX】へのメタカードとして【じゃくてんほけん】【日輪の祭壇】を採用していることが多いです。

 

f:id:moco470:20170119113715p:plainWTB (Water Tool Box)

f:id:moco470:20160727143855g:plain f:id:moco470:20170119113045p:plain f:id:moco470:20160409113023g:plain

環境に合わせて投入するポケモンを変えられることが大きな強み。
SMレギュレーションでの耐久値ラインの上昇、進化環境を受け、【ラプラスGX】 【グレイシアEX】をアタッカーに添えることが多いです。【ピーピーマックス】からの高速なエネルギー加速は多くのデッキにテンポアドバンテージを取れ、環境に多い【ボルケニオン】にタイプ優位が取れるのも魅力のひとつ。
SM1+の発売に伴い、新たに【ジジーロンGX】などを投入するプレイヤーも見られるようになりました。

 

f:id:moco470:20170305230208p:plainルガルガンGX+f:id:moco470:20170130123457p:plainダストダス 

f:id:moco470:20170305230254p:plain f:id:moco470:20170130123902g:plain

【コルニ】【ストロングエネルギー】など闘デッキ特有の恩恵を受けつつ、【ルガルガンGX】の【かみくだく】によるエネルギー破壊と豊富なグッズサーチから妨害に特化した闘デッキ。【ダストダス】も比較的簡単に育ちます。
相手の盤面を崩しつつの中打点ビートが単純に強く、エネルギー加速要因として【メレシーBREAK】が一緒に採用されることが多いです。

 

f:id:moco470:20160921170228p:plainボルケニオンEX+f:id:moco470:20160921170228p:plainボルケニオン

f:id:moco470:20160711161603g:plain f:id:moco470:20160711161605g:plain

環境を支配するTier1の一角。すべてのデッキに勝率5割をキープする様はカード単体のパワーの高さを感じさせます。
【特性:スチームアップ】と【鍛冶屋】によるシナジーから序盤から高速高打点を連打することができます。採用される1枚ずつのカードパワーが高く、比較的事故が少ないのも魅力のひとつ。
低コストでワザを打てる【エンテイ】や、グッズロックや終盤の【N】をより意識するなら【スターミー】 を採用するなど、オリジナリティにも富みます。

 

f:id:moco470:20160114105650p:plainレックウザ

f:id:moco470:20160408160531g:plain f:id:moco470:20160330171653g:plain f:id:moco470:20160408160529g:plain

XY環境が生み出したソリティアゲーム。GX登場に伴うHP値インフレをものともしない【エメラルドブレイク】の240ダメージを1ターン目から叩き出します。
【パラレルシティ】【ダストダス】による向かい風が強いものの、一方的に殴れるデッキに対しては極端に強いため、一定の対策は必須。
環境下での【よるのこうしん】による圧力が少なくなり、動きやすさが向上しました。

 

f:id:moco470:20160409131022p:plainMミュウツーEX+f:id:moco470:20170130123457p:plainダストダス 

 f:id:moco470:20160411123004g:plain f:id:moco470:20170130123902g:plain 

多くのTier1に有効な【パラレルシティ】【ダストダス】を自然に採用でき、エネルギーが多く必要とされるデッキが大半を占める現環境に【サイキックインフィニティ】が刺さります。【メガターボ】【チェンジダメージ】によるトリッキーな動きも可能。
こちらも【よるのこうしん】による圧力が少なくなり、動きやすさが向上しました。

 

f:id:moco470:20170302142230p:plainクワガノンGX

f:id:moco470:20170302151107p:plain

闘の少ない環境でパワーを発揮するデッキのひとつ。HP240という耐久力に対して、【チャージビーム】から【ちょうでんじほう】でHP230ラインを見ることができ、火力補助アイテムを持たせることで幅広いポケモンを対処できます。
【うねりの大海】による回復を合わせてバトル場の【クワガノンGX】を戦わせ続ける構築が人気。XY環境の【ゲンシグラードン】のデッキに似た戦い方をイメージすればわかりやすいと思います。

 

f:id:moco470:20151218124918p:plainエーフィGX+f:id:moco470:20160408162531p:plainビークイン

f:id:moco470:20170302151307p:plain f:id:moco470:20160408161255j:plain f:id:moco470:20151218121313j:plain

【MミュウツーEX】と【ガマゲロゲEX+ジュナイパーGX】の台頭によって生み出されたデッキ。前者を【エーフィGX】が、後者を【ビークイン】が弱点色によって処理をすることで、ダメージレースを優位に進めていきます。
イーブイ】がデッキに入る特性上、【ブースター】【シャワーズ】【サンダース】によるタイプエフェクトを絡め、他のデッキにも弱点を付いていくことも可能。ポケモンの総数が多くなることも【ビークイン】とのシナジーに優れています。

 

f:id:moco470:20151218125104p:plainニンフィアEX

f:id:moco470:20170305223905p:plain

SM1+で登場して以来、各地で結果を残していますが、現在主流なのはライブラリアウト(L.O.)を主体としたニンフィア
HP200の高耐久を生かし、【マジカルリボン】によるサーチから【クラッシュハンマー】【フレア団のしたっぱ】によるエネ破壊で相手の動きを止め、【ロケット団の工作】で相手の山札切れを狙う構築。初見殺し感が強いため、戦法を知っておいて損はないデッキだと思います。

 

その他XYレギュレーション時代の構築

過去記事を参照ください。